30年度の北海道中学校美術は9名、札幌市は6名。

今年は10月17日発表でした。
上富良野に降った雨は、夜にみぞれに変わり、帰宅する8時には雪に変わっていました。路面は濡れていましたが、草の上は白く変わっていました。
そんな、夜に見つけた教員採用試験の結果。
北海道で10名を超えなかったのは残念だが、札幌市が6名というのは多いのではないだろうか。
それでも、退職する数に比べたら、焼け石に水なのかもしれない。
今日は、旭川でも富良野市でも市教研があり、図工・美術の話が行わていたはずである。
富良野市では、山部小学校での造形あそびの授業。箱を積んだり、並べたりする1年生の教科書題材。研究協議では、富良野市の図工・美術のメンバー2名と上富良野、中富良野から来た教員と助言の大学の先生で行われた。
少ない人数でも、続けることに意味があり、新たな気づきや発見があり、人との繋がりが生まれた。
[PR]
by nobuhiroshow | 2017-10-17 22:58 | 教員


『道産子追憶之巻』を味わう ー... >>