オープンなネットワーク部会

e0040515_15413044.jpg

 教育美術展の審査日に冬のネットワーク部会も行われている。
 北海道の各地区サークルからの部員が集まり情報交換を行うというものである。
 その発祥と盛り上がりの推移は札幌の湯浅先生のApple Storeでの発表で詳しく紹介されていたけれども、まだまだネットワーク部会の認知度は低い。
 ネットワーク部会が何をしている組織なのか、わかってもらうために、全道造形教育研究上川・旭川大会における夏のネットワーク部会で、別室でひっそりとネットワーク部会を行うのではなく、もっとオープンにみんなの見える場所で行ってはどうかとという提案がなされ、来年の函館の造形大会で実行しようということに決定した。
 その後、先行実施ということで、今回の冬のネットワーク会議を教育美術展の審査会場の体育館の一角で、審査終了前に行おうということになったのである。

 奨励賞の審査が大詰めになった16時30分に体育館の一角の卓球台にネットワーク部員が集まり、時折スクリーンに持ち寄りの映像や画像を映しながら各地区の実践等を発表する。
札幌から3名、石狩、釧路2名、網走、空知、そして旭川、造形連盟会長の菅原先生や、通りすがりの山崎先生など、含めて11名近くの方々の出席があった。

釧路:釧路管内では美術の免許を持っている先生が4名ほどしかいない実態。そこで、子どもの絵を語る会を始めたい

連盟:来年の函館大会に向けて、各地区の発表のフォーマットとして、簡単に写真を使ったA4とA3の組み合わせで統一。春の部会では見本を提示
e0040515_15414169.jpg

旭川:ワークショップでの制作を中心とした美術館との連携をスライドショーで写真を交えながら報告。全道造形研の記録を2月にはHPにUP

石狩:二次集会という授業研究の紹介。作品集を改善し子どもの作品を大きく載せてコメントを載せたい。教育石狩という一般教師向けの冊子に美術特集が出た。小学校は○○式が多くて余り話にならない。教師から「絶対宣言」がでるとやりたくないけどやらなきゃならないという子どもの話も出された。また、アードカードゲームの実践の報告もあり、今回は滋賀県立美術館のカードでしたが、他の美術館にもいろいろあるのではないかと話題になった。

空知:空美としてのサミットや語る会、デッサン会などの報告。とくに11月に行われた語る会の報告が詳細になされた。空美は昨年40周年。またArt Educator's Talkも4回行った。課題はもっと気さくな情報交換がなされること。

札幌:低学年ブロックでの「ムク ムク パッ !」の実践報告。カッターでの紙工作の授業である。その研究授業での話合いが、ポイントをまとめて非常にわかりやすく板書にまとめてあり、板書の活用という点で大変参考になった。授業中の板書や話合いでの板書など様々な場面で活用できる。

 約1時間半の間でしたが、情報交換及び、今後に向けた話合いが濃密に行われました。
オープンで行われた成果はどうだったかと言うと、通りすがりに発言してもらえた山崎先生の他に、興味深く眺めていた方も数名おり、スクリーンに画像や映像を流している様子で遠くからでも何かやっているんだなというのは感じていただけたのではないでしょうか。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-12-31 15:43 | 美術教育


<< わたしを創る 第36回北海道教育美術展審査研修会 >>