卒業制作展(教育大学旭川校)へ行ってきました

e0040515_059254.jpg

 教育大学旭川校 美術分野の卒業制作展に行ってきました。
 西武旭川店B館10階の市民ギャラリーで開催しています。
 大学で4年間専門で学び、これから社会に旅立ち活躍していく学生たちの作品です。絵画も彫刻も大作が並びます。鉄を溶接した立体や、大きな全身像、独特の世界観の絵画、ウルトラマンの目覚まし!など、若さあふれる作品が展示されています。
 個人的には、照明により壁に影が投影されるモビールも気に入りました。
 3月7日まで開催中です。
e0040515_0591633.jpg

e0040515_0593020.jpg

e0040515_0594532.jpg

[PR]
# by nobuhiroshow | 2016-02-29 01:00 | ギャラリー

ハクチュウム展に行ってきました

e0040515_9271622.jpg

 旭川フィール5階で29日まで開催している『ハクチュウム』展を見てきました。教育大学旭川校の美術教育の4年生の学生の2人展です。昨年に引き続きの開催となります。西武デパートでは、同じく美術分野の卒業制作展が開催中(こちらは3月7日まで)。
美術の学生と、美術教育の学生では、立場が違うので同じ会場で展示することはできないのかなと想像しました。
 だけど、若々しい感性は共通。こちらは、卒業生ではなく卒業論文まで置いてあります。時間がなくて読むことはできなかったけれど、その厚みに驚きました。
 旭川地域連携アートプロジェクトなどで関わりのあったお二人の今後のご活躍を祈っております。
e0040515_927445.jpg

e0040515_927278.jpg

[PR]
# by nobuhiroshow | 2016-02-28 09:29 | ギャラリー

まさかの再会

e0040515_0232383.jpg

 2月20日と21日に旭川市市民活動交流センター「CoCoDe(ココデ)」で開催されていた「ナインス」というマーケットイベントへ行ってきました。
 そこの出店者に声をかけられ、話を聞くと、何と新卒の時に担当した学年の生徒だということが判明。その生徒は転校したので、教えたのは1年間だけでしたが、26年も前の話です。よく覚えていてくれたものです。
 ブランド名はGuchicoで、木材を利用したアクセササリーを販売しています。札幌市からの出店でした。
私が唯一身につけるアクセサリーのネクタイピンを買わせていただきました。スネークウッドにベースで使用していた弦(動物の腸から作るらしい)でできています。
e0040515_0234293.jpg

e0040515_0235517.jpg

 その他にも、スプーン屋さんとか、照明を当てると影ができるモビール屋さん、腕時計の歯車を利用したアクセサリー、使用済みのガラス瓶を熱で加工した作品、七宝焼き、お馴染みのたい焼き屋さんなどもあり、会場を楽しく回るひとときとなりました。
e0040515_024880.jpg

[PR]
# by nobuhiroshow | 2016-02-22 00:25 | その他

何のために絵を描くのか

 
e0040515_0412817.jpg

新ロマン派70回記念会員・会友展の企画として、2月14日(日)に
『私たちはなぜ絵を描くのか』
〜山口信太郎氏の教えを受けて〜
という演題の公演が渡辺貞之氏によって行われた。
 旭川美術館の講堂での講演としては、私の見る限りこれ以上ないくらいの混みようで、90名近くの聴衆が集まった。

 私自身は、新ロマン派の創立会員の山口信太郎氏とは面識がなく、山口先生の教えを受けた渡辺先生から間接的に知ることしかできないので、今日の講演は非常に興味があった。

 子どもの絵を紹介しながら、絵とは何か。人間にしかできない「連想」について。見えないものを見えるものと通して表現する「絵」というものについて語ってくれた。

 そして、山口先生については、渡辺先生が若い頃に、山口先生に言われて心に残っている言葉として2つのことが紹介された。
 絵の道具をリュックに背負って、道に立っている絵を見て、「これは君かい?」と聞かれ、「そうです」と答えると、「画家は荒野を歩きなさい」と言われたという。
 決められた道を歩くのではなく、自分で道を切り開いていく覚悟が必要だということだと思う。
 また、ある絵を前にして、「絵の前に立ち過ぎる」と言われたという。絵を見せたいのじゃなくて、「絵を描いている自分の見せようとしているんじゃないか」という意味だと思われる。
 山口先生は優しく、また、先ほどの言葉のように厳しくもあったようである。

 絵は自分のために描くんだと言いながらも、最後に、渡辺先生は何のために絵を描くのか4つの考えを示してくれた。
 1  絵の前に自分が立つ(自分を見せる、見栄)
 2 自己改革(自分のため、発見)
 3 売れる絵を描く(売るということは大変、それに徹するということにも意義がある)
 4 仲間(絵を描くから友達になれた、年をとるとわかる)

 予定していた3分の1ぐらいしか、話ができなかったそうであるが、貴重なお話をたくさん聴くことができた。これから絵を描くときに、忘れないようにしたい。
 
[PR]
# by nobuhiroshow | 2016-02-15 00:42 | 表現

第70回記念新ロマン派会員・会友展開催

e0040515_1493649.jpg

 第70回記念新ロマン派会員・会友展が2月11日より21日まで旭川美術館において開催されます。
5年ぶりの、美術館での展示作業が2月10日に行われ、多数の会員・会友の協力のもと、夕方4時には終了しました。
 個人的には、美術館のバックヤードやガラスケース、照明の設備、美術館独自の搬入の大変さなど、いろいろ勉強になりました。
 会員・会友の作品も過去に旭川美術館に展示したことのないものから、選りすぐったもので見ごたえがあります。私自身の作品は、余裕があれば手を入れ直そうと思っていたものの、結局そのままの作品です。
 明日からは、旭川冬祭りも終わり、公園の駐車場も利用しやすくなります。
 2月14日(日)14:00からは渡辺貞之氏による記念講演も行われます。
 また、深川市アートホール東洲館において、3月1日から15日の期間で移動展も開催します。
 是非、御覧ください。
e0040515_150860.jpg
e0040515_150187.jpg
e0040515_1495091.jpg

[PR]
# by nobuhiroshow | 2016-02-12 01:52 | 作品展

「東北の皆さんに見てもらいたい」

e0040515_653014.jpg
 中学3年生の美術で取り組んだポスターの授業が終わりました。その中の一人の生徒が東日本大震災をテーマにポスターを作成しました。震災から4年が経ち、このことをテーマとする生徒は減ってきており、今年はこの生徒一人でした。
 その生徒は、ポスター完成後に「制作を終えての感想」を記入する欄に、コメントをびっしり書き込みました。その書き込みを見て、「このポスターを実際に東北の皆さんに見てもらうことはできませんが、1日でも早く、東北の方々に笑顔になってもらえたら私がこのポスターを作った意味があると思います。」という強い思いを知り、私のブログで紹介して良いか、相談しました。生徒本人がインターネットで公表するのが一番だけれど、できないのであれば私のブログで紹介して良いかどうか。生徒本人からはすぐにOKをもらいましたが、著作権の問題もあり保護者の承諾も必要ですので、後日承諾を頂きました。それが、このポスターです。

 このポスター、絵の具は使っていません。緑色の東北地方以外は色鉛筆やクーピーです。緑の東北地方はクレヨンかクレパスを使っています。色鉛筆でハートのグラデーションを作ったり、文字をあれだけ強く濃く色鉛筆で塗るのはかなり大変なのですが、その生徒は毎時間集中してやり遂げました。あまりに色鉛筆で黒を濃く塗ったため、写真撮影の時には、フラッシュを反射してしまい、今回の写真のようになりました。

 その生徒の「制作を終えての感想」です。
「今回”東日本大震災”についてポスターを描きました。私は小学6年生の時、小学校のスクールバンドに所属していて、大会の遠征で宮城県仙台市に行きました。仙台の中心部は震災後と思わせないほど復興が進んでいました。ですが、バスガイドさんのお話や実際に被災した建物の跡地を見た時、とても言葉では言い表すことのできないような何かを感じました。そして、この美術の授業でポスターを作ることとなった時、真っ先に東日本大震災が浮かびました。最初は「忘れない」というような言葉を入れて、、、と思ったのですが、やはり被災した方々へ何かを伝えたいと思い、このポスターの言葉にしました。震災から、来年の3月で5年が経ちます。被災した方々の中には、まだ大切な家族が見つかっていない人、前に向かって歩んでいる人、、、などいろいろな人がいると思います。このポスターを実際に東北の皆さんに見てもらうことはできませんが、1日でも早く、東北の方々に笑顔になってもらえたら私がこのポスターを作った意味があると思います。(工夫したとろこ)東北の色を2色で分けてデコボコ感を表しました。文字は見やすさを第一に重視し濃くしました。」

 是非、東北の皆さんにこの生徒の思いが届いてくれたらと願っています。
[PR]
# by nobuhiroshow | 2015-12-16 06:12

初めてのらべとん

e0040515_023318.jpg

 第1回MOA美術館上富良野児童生徒作品展の表彰式で初めてらべとんに会いました。
 上富良野町のゆるキャラで、ラベンダーとぶたからできています。地元では愛されているキャラクターで、今回の表彰式でラベトン賞の授与に来てくれました。
 子供たちも大喜びで、表彰される子供たち以外の子供が表彰そっちのけでらべとんと遊んでいました(らべとんは黙って待っていたのですが)。
 そして、表彰場面では介添えの方の協力もありましたが、この手で賞状を器用に掴んでしっかりと授与していました。さすがに両手は無理でしたが。
 最後は、らべとんも加わって、全員で記念撮影を行い、個別にも写真撮影をしてくれました。
 わたしも、ますますらべとんのファンになりました。ありがとう! らべとん。
[PR]
# by nobuhiroshow | 2015-10-26 00:24 | その他

第1回MOA美術館上富良野児童生徒作品展開催

e0040515_0145246.jpg

 展示期間は今日までの2日間でしたが、第1回のMOA美術館上富良野児童生徒作品展が開催されました。本日は表彰式も開催され、講評を述べてきました。本日の原稿をまとめなおしましたので、掲載します。
e0040515_015719.jpg

 MOA美術館上富良野児童作品展の絵画の部において入賞されたみなさん,おめでとうございます。今回の作品のテーマは自由です。テーマを自分で選ぶということは,何を描くのかを絵を描く一人一人に任されていることになります。
 審査においては,作品の中に作者の思いがどれだけ込められているかどうかという点を第一に見せていただきました。実は私も絵を描くのが好きで、今でも絵を描き続けています。あるとき、絵描きの大先輩が、と言っても80歳ぐらいのおじいちゃんなんですが、こんなことを教えてくれました。
「絵は言葉なんだよ」と。確かにそう思います。みなさんの絵からもたくさんの言葉を聴くことができました。言葉といってもいろいろあります。大きな声、小さな声、激しい声、優しい声。いろんな声が聞こえました。例えば、学校で飼っているモルモットを可愛いなと思っていたり、消防車って大きいなと驚いたり、かぼちゃが大好きなんだという声だったり、花がきれいに咲いたよなどの気持ちが感じられたりしました。フワフワした綿をつけて自分の大切な人(家族)や動物たちとフワフワ気持ち良く空に浮かんだり,紙を切った形から発想をふくらませておっかない恐竜など空想したり,ご飯やメロンやパイナップルなど自分の好きな物を沢山並べてみんな楽しそうな笑顔になっていたり,将来自衛隊で活躍する自分の姿など自分の夢を思い描いたり,自分が思い描く海の世界を想像したり,多分作者は絵を描きながら、自分も海の中で魚と一緒に泳いでいたんじゃないかと思います。
そんなたくさんのたのしい気持ちが絵の中から審査する私の心に飛び込んできました。きっと,展示された絵を見る方々にも,作品を見るだけで心の中が温かくなることだと思います。絵を描いたみなさんも絵を描くことを通して,新たな自分の気持ちに気づいたり,発見があったりしたのではないでしょうか。これからも自分の感性に自信をもって,いきいきと絵を描き続けることを期待しています。本日はおめでとうございました。
e0040515_0152369.jpg

e0040515_0154583.jpg

[PR]
# by nobuhiroshow | 2015-10-26 00:16 | 作品展

ハロウィン始めました2015

e0040515_6343695.jpg

 今年もハロウィン始めました。暗い渡り廊下と玄関前と、校門前です。下校前の生徒にも好評でした。美術部員たちも、初めての経験なので手探りの状態で最初は戸惑っていたようですが、最後は楽しんでいたようでした。1週間ぐらいはお披露目できるでしょうか。
e0040515_6345529.jpg

e0040515_635734.jpg

[PR]
# by nobuhiroshow | 2015-10-21 06:35 | 表現

来年度は12名

 北海道教育委員会のHPにおいて、来年度の北海道の中学校の美術科教員の登録者の受験番号が12名発表された。確か、昨年度の発表もこれぐらいだったはず。一時期の平均6、7名から、最低の3名程度のときを経て、最近は10名以上という傾向である。
 しかし、上川管内でも中学校において複数校掛け持ちの実態もあり、美術科教員の不足はまだ改善されていない。
[PR]
# by nobuhiroshow | 2015-10-21 06:26 | 美術教育