<   2015年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

行灯制作11日目(ロウでコーティング)

e0040515_671628.jpg

 校内の会議のため遅れて行くと、本日の作業は終わっていた。
 最後の一面の細かい絵ができていないが、他の面は全てロウでコーティングされていた。明日、最後の一面の色を塗り終えて、その翌日にロウでのコーティングをして完成する予定である。
 ロウでコーティングすると、染料の色を保護し、画面の強度を増す。例年より早い完成だそうである。慣れている子供たちの力は凄い。
e0040515_67293.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-30 06:08 | 表現

行灯10日目(完成が見えてきた)

e0040515_6314414.jpg

 富良野市での研修のため、部員たちより遅れて作業場所に到着。この日も作業のペースは早く、残りは最後の一面のみとなった。来週には完成しそうである。
e0040515_6322648.jpg
e0040515_6321615.jpg
e0040515_63236.jpg

e0040515_6332171.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-27 06:33 | 表現

行灯9日目(着色はたのしい)

e0040515_532048.jpg

 着色がどんどん進みます。細かいところはロウでの線引きも並行して行います。たまにロウが途切れているところがあると、色がはみ出してしまい直後に水で薄めて修正したり、既に色が塗ってあるところであればにじんだりします。アクシデントで染料を服に付けてしまうこともたまには起きます。
e0040515_5321152.jpg

e0040515_5322621.jpg

 経験のある部員たちは、染料で重色したりして工夫します。色作り担当は全体の色の設計を考えながら色や色の濃さを調整し、塗り担当の部員に渡します。塗り担当の部員は刷毛や筆でどんどん色を塗っていきます。
 着色2日目にしてかなり進みました。来週には完成しそうです。
e0040515_5331422.jpg

e0040515_5333519.jpg

 これは使用している絵の具です。かき氷のシロップを思わせます。
[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-26 05:34 | 表現

今年初のクワガタ

e0040515_533899.jpg

 帰宅途中に美瑛のローソンに立ち寄ったら、戸の前に何やら黒い甲虫。もしかしてガムシ? と思って良く見ると、クワガタのメス。残念ながら右前脚が傷ついていました。
 周りをよく見ると、何とミヤマクワガタのオスもいました。羽をしまい忘れておしりからちょっととびだしていました。
 いよいよ夏ですね。
[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-25 05:04 | 自然

行灯8日目(ロウ描きから着色へ)

e0040515_4573015.jpg

 この日は着色組とロウ描きの仕上げ組に分かれて進めました。まだロウが入っていない部分やはじなどでロウが抜けている部分をロウで仕上げます。着色組は染料をビールなどを飲むときに使う透明なプラスチックのコップに使うだけの色を作って刷毛や筆で塗っていきます。
e0040515_4574548.jpg

 障子紙の吸水性は凄いので、どんどん色が吸い込まれていきます。また、染料の発色もいいので、色鮮やかに染め上げられていきます。昨日までの白い紙と違って、色の強さが響き渡ります。見ているだけでテンションが上がります。
e0040515_458740.jpg

 刷毛塗りでロウの上に染料がのると、大概染料がはじかれますが、たまに水玉のように残る場合があるので、すぐにティッシュで拭き取るとすぐに取れます。私は専らこの役割を努めました。
 今回も、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
e0040515_4582956.jpg

e0040515_4584679.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-25 04:59 | 表現

行灯7日目(ロウで描く)

e0040515_5431794.jpg

 今回は160℃に熱したロウで色の境い目に線を引きます。基本的には形の外側をロウで縁取ります。面の境い目などにも境い目の線を入れます。
e0040515_5443028.jpg

 ロウを熱する専用の電気ポットの様なものもあり、筆を5秒ほど付けてから約20秒程度、障子紙に線を引いていきます。時間が経つとロウが冷えて線が引けなくなるので、素早く判断して線を引かなくてはなりません。
 ロウが障子紙にしみ込むスピードは早く、手早く引かないと、ロウが下の方に垂れてしまいます。水平な面ならあまり問題はありませんが,垂直な面が結構あるので、大変です。紙の下に垂らさず、自分の手にも垂らさず、素早く描いていきます。
 名前だけを描いている面には、隙間に遊びでちょっとした模様や絵を描いたりしています。
e0040515_5445439.jpg

 1日目で、ロウ入れもほぼ完成。明日はロウがつながっていない部分やまだ描いていないところを仕上げて、いよいよ色を入れていきます。灯りを入れると、ロウを入れたところは透明に透き通って見えます。美しい。
e0040515_545238.jpg

e0040515_5453713.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-24 05:46 | 表現

行灯制作6日目(下描き完成)

e0040515_5481170.jpg

 部員たちは手慣れたもので、すいすい黒のマッキーで下描きを進めていきます。期末テストのため1週間ぶりの作業ですが、迷いもなくどんどん描き上げて、約1時間程で完成です。
 明日から、色の境い目にロウを引く段階に進みます。
e0040515_5482711.jpg

e0040515_548438.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-23 05:49 | 制作

十勝岳山開きに参加

e0040515_2244327.jpg

 第37回十勝岳山開きに参加しました。昔の山仲間に誘われて、上富良野山岳会に入会しての初山行です。4つのコースのうち、十勝岳本峰コースに参加しました。20数年ぶりの十勝岳です。快晴の天気の中、凌雲閣から出発。尾根に出てからは、初めての上富良野岳、上ホロカメットク山、そして十勝岳です。
e0040515_22474317.jpg

上富良野岳で。
e0040515_2248352.jpg

上ホロカメットク山で。
 正午前には、山頂に到着し、美瑛側から登った山開きチームとのセレモニーが行われました。この時、20年以上前に、私が大雪青年の家(当時)で登山のつどいにボランティアとして参加していたときに、お世話になった講師の方や職員の方に再会することができました。人生って不思議なものです。
e0040515_2248289.jpg

上ホロの避難小屋から十勝岳側へ登っていく途中。奥に十勝岳。
e0040515_22484621.jpg

崖付近の休憩ポイントから見た富良野岳。
[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-21 22:55 | 自然

森の中でキャンプ

e0040515_22213945.jpg

 久しぶりのキャンプ。上富良野町の日の出公園オートキャンプ場です。オートキャンプやコテージもあるキレイで立派な設備の場所です。フリーサイトで1泊500円。
 数年ぶりに、山用のゴアライトのテントを立て、奥の木にハンモックを吊り下げました。
木立の中でする読書は、疲れを癒してくれます。ちょっと蚊がうるさいのが玉にきずでしたが、、、。
 朝はコーヒーをドリップして、朝食はあり合わせのカップラーメンでした。今度はもう少しましなものにしよう。
[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-21 22:29 | その他

どこまで育つの?

e0040515_5572570.jpg

 しっぽんのその後です。背中にしょってる籠からこんなに大きく育っていました。実は下の穴から白い根っこが大量に伸びています。
 しっぽんでは限界だったので、小さな鉢に植え替えました。それが5月24日のこと。
e0040515_5574551.jpg

 水やりの頻度も多くし、気温も高くなってきたので、現在ではこの通りです。
e0040515_558770.jpg

 毎日、見るたびに大きくなっていきます。
 本当に、どこまで育つのでしょう?
[PR]
by nobuhiroshow | 2015-06-19 05:59 |