<   2009年 10月 ( 45 )   > この月の画像一覧

初雪

e0040515_21473083.jpg

我が家の初雪。
観測上では旭川の初雪は昨日だそうであるが、
我が家の初雪は「今」である。

とうとう冬がやってきた。
e0040515_21473899.jpg

e0040515_21474619.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-31 21:48 | 自然 | Trackback | Comments(0)

ユラユラ

e0040515_925488.jpg

 『癒しのユラユラ』という題材名で、2年生でモビールの制作に取り組んでいます。
 新学習指導要領への対応の一環として、2、3年生の立体の作品を見直したときに、2年生で立体のデザインの題材を何かできないかと探していたときに、モビールではどうだろうかと検討していました。それが具体化したのが、たまたま夏休みに見た毎週土曜日朝8時30分から放送しているテレビ番組『知っとこ』のなかのアートに関わる部分でモビールが特集されていました。
 登場したいろけんさんのモビールを参考に、試行錯誤して作例を作ったのが、これです。有り合わせの材料で作った第1作から数えて、3作目。ちなみにこの卓上タイプは旭川のギャラリーで見かけたものを参考にしています。
 眺めていたら、心が癒されるものをユラユラさせてみようという展開で5時間で出来ないかと取り組んでいます。完成作を乞うご期待。

 いろけんさんのHPはこちら。
 
 こちらは試作品の映像。

[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-31 09:03 | 表現 | Trackback | Comments(0)

全道教研に向けて

e0040515_6311017.jpg

火曜日の全道教研打ち合わせ会議で今回のレポートを戴いた。
知っている名前や見かけた名前がちらほら見られる。
今回はどんな熱い話合いが行われることだろうか。
1週間後に全道各地から熱い気持ちをもってくる参加者との出会いが楽しみである。
その前にまずはレポートを熟読しなくては。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-30 06:31 | 全道教研 | Trackback | Comments(0)

来年度の教員採用

e0040515_733458.jpg

 北海道教育委員会及び札幌市教育委員会のHPで来年度の教職員の採用候補者の発表がされた。
 中学校美術科の採用数は北海道6、札幌市1である。これは例年と変わらない。
 昨年度から、HPでの公表が受験番号での発表となっており、全体の人数などが一覧で見ることが出来なく、傾向が読みにくい。
 減っていないだけよしとするか。停滞とするか。
 小学校で合格した、美術専攻の人数はわからないので正確な人数はわからないが、どれぐらい図工・美術に関わる教員が増えることになるのだろうか?

 今年、いろいろ関わった大学の学生さん達には、その人物を知るだけに、厳しい中頑張ってもらいたい。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-27 07:04 | 美術教育 | Trackback | Comments(2)

自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅 その13

e0040515_2585571.jpg

 新橋から見た大雪山と旭橋。
 旭橋は現在塗装工事中で、つい先日まで橋全体を覆われていたのだが、今日は橋の上が見られる。

 神楽岡のロマンチック街道を通って自宅へ。
 本当は旭川美術館へも行こうと思っていたのに、2時間30分近くかかってしまったので、またの機会に行くことにする。

e0040515_304748.jpg

 けど、久しぶりのミニサイクリングは楽しかった。
 走った時間は1時間41分。走行距離は29km。いい運動にもなった。
 そして、自転車は何よりも気分がいい。
 彫刻をさわるのも心地よい。

e0040515_305779.jpg


 残りは、中央ルートと、北ルートだ。
 来週も暖かければいいんだけれど。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-26 03:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅 その12

 自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅も旭西橋でゴールである。Mapを見て確認すると、なんと見ていない作品が、忠別橋公園にある。
 新橋経由で忠別橋に戻るとその作品はあった。
 『挟(きょう)』(鈴木 太加志 1986年 黒御影石)である。
e0040515_2523053.jpg

e0040515_252462.jpg

e0040515_2525946.jpg

 確かに何かを挟むような、カニのはさみのような作品である。

 以上で「自転車de彫刻めぐり 南ルート」23作品の紹介を終わります。
 最後迄見ていただいてありがとうございました。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-26 02:56 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅 その12

 まだ忠別橋公園。
 『Feel the Wind』(川上 りえ 2006年 鉄)。
 これも公開制作作品。溶接している現場を何回も見かけました。イメージは手塚治虫の『火の鳥 未来編』に出てくる奇怪な植物を思い出す。
e0040515_238990.jpg

e0040515_2382328.jpg

 これも陽の光を浴びて緑の中にオレンジに輝いています。

 堤防を通って旭川大橋の下をくぐり抜け、鉄橋を越えて、旭西橋へ。
 橋の上にある、『北の子』(板津 邦夫 1995年 ブロンズ)へ。
e0040515_2445817.jpg

e0040515_245777.jpg

 大学時代に習っていたので、板津先生と呼ばせていただきますが、板津先生のブロンズは珍しい。

 反対側にも『風の記憶』(板津 邦夫 1995年 ブロンズ)がある。
e0040515_247081.jpg

e0040515_2471622.jpg

e0040515_2472975.jpg

 ブロンズだけれども、どこか木彫で作ったような感触を受ける。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-26 02:48 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅 その11

 さらに忠別橋公園より。
 『はじまりの舟』(UNIT02 2002年 木・鉄 )。
e0040515_2294428.jpg

 何でテント張ってるんだろうか? もしかしてホームレスが住み着いた? などと思って近づいてみると、なんと修理していました。
e0040515_230132.jpg


 『3つの柱2つの門一つの場』(山谷 圭司 2002年 安山岩)。
 2002年の公開制作作品。ゴツゴツしたそのまんま岩という感じの石を積み上げた作品。頂上の四角く彫ってある部分が気にかかる。よじ上ってもいいんだろうか? 下のサークルも何か曰くありげ。
e0040515_2331018.jpg

e0040515_2332123.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-26 02:36 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅 その10

 同じく忠別橋公園から。
 『P-MAN』(虎尾 裕 1985年 黒御影石)。ピーマンかと思わせておいて人間のような作品。
e0040515_2223676.jpg

e0040515_2224967.jpg


 『ほほえみたんぽぽ』(細井 篤 2006年 鉄)。
 3年前の公開制作では何度となく通って見ていた作品。完成当初はピカピカだったのに今はオレンジ色。ジャングルジムのように上って作者と一緒に子ども達も写真を撮ったのが懐かしい。
e0040515_223742.jpg

e0040515_2232767.jpg


 『流れ』(乾 純信 1985年 黒御影石)。
 やっぱり石はピカピカの方が好きだ。木目じゃなくて石の目の流れが見える。
e0040515_2255875.jpg

e0040515_2261152.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-26 02:28 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

自転車de彫刻めぐり 南ルートの旅 その9

 同じく忠別橋。『月に飛ぶ』(加藤 昭男 1974年 フロンズ)。
e0040515_2104993.jpg

e0040515_2105768.jpg


 忠別橋を下に降りると忠別橋公園である。ここには9基の彫刻が立ち並ぶ。
 まずは、『風紋』(伊藤 隆弘 2004年 御影石)。2004年の旭川彫刻フェスタの公開制作の作品である。
e0040515_2152921.jpg

e0040515_2153997.jpg


 次が、『神話−2004−』(杉﨑 正則 2004年 御影石)。これも彫刻フェスタ公開制作作品。
e0040515_2191032.jpg

e0040515_219192.jpg

 同じ石なのに、鑿で彫った粗い面は白く、磨いた面は黒い。
[PR]
by nobuhiroshow | 2009-10-26 02:20 | 美術館 | Trackback | Comments(0)