<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

海の日だから、海!

e0040515_20154016.jpg

海の日です。
部活も休みです。
家族そろって念願の海に行ってきました。
留萌の海は何年ぶりだろう?
子どもの頃は汽車で臼谷や鬼鹿の海へ行ったものだ。
数日前に新聞に載っていた鬼鹿ツインビーチってどんなもんだろう?
ネットで調べてみるが、実際に行ってみて決めることに。
いざ、行ってみると、臼谷は駐車料金がかかる。鬼鹿は駐車料金がかからないし、整備されている。
ということで鬼鹿ツインビーチで海水浴。
水温はちょっと冷たいが年に1回の海。楽しまなくっちゃと子ども達と遊ぶ。
久々の海は冷たくて、気持ちよくて、しょっぱかった。
泳ぐのに疲れた後は、子ども達と砂遊び、貝を探したりしながら、砂の造形にひたる。
砂を掘ったり、埋めたり、埋められたり。
何でこんなに夢中になれるんだろう? と思いながら。

昔は道路を渡ったらすぐ、駅があって汽車で帰ったのに、線路ももう無い。
今度行くときは、テント持って行こう。
日に灼けた背中が痛い。
e0040515_20152981.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2007-07-16 20:19 | 自然

人生も『ハートでアート』

e0040515_2224343.jpg

 公立高校受験前の1週間が中学3年生にとっての最後の美術の授業となります。
 最後まで制作に追われ、ゆっくり話す時間はありませんが、この春卒業した3年生達については年間予定の35時間を保障されじっくり制作に取り組むことが出来ました。それでも最後の日、義務教育9年間を終える生徒達に今までの図工や、美術を振り返ってもらいたいと思い、プリントを渡しながら3年間の美術の感想を書いてもらいます。その文章がこれです。(実際はA4サイズ1枚に収まっています。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成18年度 3年間の美術のまとめ
  いよいよ中学校3年間の美術の授業も今日で終わりです。この3年間であなたは美術を通して何を学んだのでしょうか。
「なぜ、美術なんか勉強するんだろう?」と思ったことがありませんか。本当に人生に美術は何か役立つのでしょうか。確かに絵が描けなくても生きていけますし、木や石を削れなくても普段の生活には困らないでしょう。
 もしあなたが新しい品物(たとえば携帯電話)を買うとき、あなたは機能や価格だけで判断するでしょうか。多分、その形や色も含めて自分の好みのデザインのものを選ぶと思います。効率だけを求めた世の中なら、色も形もどうでもいいでしょう。素材のままで色などつけず、加工しやすい簡単な形で、安くて使えれば事足りると思います。しかし、人はその日の気分によって服装の色を決めたり、思い切って部屋の模様替えをしたり、時には絵を見て心を癒したり、実際に手を動かして何かを表現していきます。
 美術がなくても生きていける。でも、自分なりによりよいものを表現しようという意識を持っていれば、より豊かな人生を生きていけるのではないか。そう思っています。この3年間であなたが作った作品を思い出してください。ただの紙や絵の具、木や石というものが、あなたという存在を通して世界に一つしかない価値のある作品を作り出したことを。
 3年生の皆さん、卒業おめでとうございます。これからの人生を後悔しないよう思いっきり生きてください。『ハートでアート』。心からの表現をすれば、人に感動を与えるすばらしい作品を生み出すことができる。それは人生も同じ。上辺だけで流されずに自分の心から思ったことを自分の人生のキャンバスに表現してください。 人生は一度しかないんだから。今までありがとう! お元気で

3年間の美術の学習内容
1年生
鉛筆によるグレースケール作り      
幾可体デッサン
重色の練習
レタリング演習1
(漢字、アルファベット、数字)
一文字のデザイン
山のある風景(水彩画)
美術館へ行こう(夏休みの宿題)
シャガール「彼女の周辺」(鑑賞)
岡本太郎「森の掟」(鑑賞)
木材工芸「ペーパーナイフを作る」
e0040515_22265287.jpg

2年生
グラデーションを使った平面構成(デザイン)
ピカソ「ゲルニカ」(鑑賞)
大切なあの人へ〜心で描く絵手紙
美術館へ行こう(夏休みの宿題)
触って鑑賞しよう「冬」藤川叢三(鑑賞)
自己を見つめて【ドライポイント】(版画)

3年生
自己を見つめて【ドライポイント】(版画)
10代の主張〜社会へのメッセージ〜(ポスター)
ダ・ビィンチ「最後の晩餐」(鑑賞)
美術館へ行こう(夏休みの宿題)
伝俵屋宗達「風神雷神図屏風」(鑑賞)
心のかたち 〜抽象彫刻〜(石彫)


1 この中で心に残ったベスト3は何ですか?

2 この3年間の美術の感想を書いて下さい。(今後の授業の参考にさせてもらいますので、自由に書いてください。時間がなければ後で渡してくれても助かります。よろしくお願いします。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 時間がないので、感想については後でもいいので書いてくれると助かりますと言うお願いをしています。卒業前の忙しい生徒達ですが、結構後からでも提出してくれて、いろんな感想をもらって私自身の振り返りにもなり、今後の美術教師を続けていく上での励みにもなってくれます。
 毎年続けていますが、3年間でこんな事をやっていたんだなということを自分自身でも振り返ることができます。また、文章中の最後の段落のメッセージは今年変えました(2005年版はこちら)。そのおかげで、卒業アルバムにも『ハートでアート』のサインばかり書いていました。
 卒業してしばらくたつけれど、みんな元気でやっているかな。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-07-08 22:14 | 美術教育