<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

うまければいいのか

 一端気にしてしまうと疑惑の目で見てしまうとつぶやいている人もいたが、酒井式や写真の濫用が気になってしまう。酒井式なら知っている人がいるので、最近の巧妙なものならでければどれが酒井式なのかはわかる。しかし、過度に写真を利用した作品造りをしている作品については見極めが難しい。今回気になったのが絵画での写真に迫る写実的な表現の作品。言ってみればまるで絵はがきのような絵である。木々や葉っぱなども写真に迫る描写である。また、その構図も決まりすぎていてプロが撮ったのかと思わせるような観光地だったりもする。主に夏休みの宿題を授業で仕上げたものなのかも知れないが、その場で少しでもスケッチしたのか、それとも自分で写真を撮ったのか疑問に思う部分でもある。そして、表現上でも写真の再現に終始していないかどうかが気になる。絵画独自の表現、透明水彩の特色を生かしたり、ガッシュの特色を生かしたりしているか。今回の審査ではむしろ写実的な追求を目指した作品が選ばれている傾向がある。

 うまければいいのかという意識が気にかかる。

 木版画でも彫りの制約があるので、形を単純化したりすることが必然的に生まれてくる。写真を利用してもそういった版画本来の表現が生まれてくる作品も見られた。逆に版画なのに一見すごくリアルに形が描写されていて感心してみていたら、写真疑惑の声を聞いて考え直したこともあった。
 時数の削減もあり写真の利用はあり得るし、自分自身でも授業で利用している。しかし、写真の焼き直しにすぎない作品造りでは子ども達本来の創造性を伸ばすことにはつながらないのではないだろうか。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-31 07:14 | 美術教育 | Trackback(1) | Comments(15)

旭川市児童生徒作品展の審査

e0040515_7104737.jpg 旭川市児童生徒作品展の審査が22日行われた。学級3点の規定で出品しているため、小学校1811点。中学校321点の中からの審査となった。
 先日持ち帰った北海道教育美術展の審査の観点を参考資料として配付し、旭川としてはどのような作品を選んでいくのか意識して審査しようということで審査することとなった。また、私からも北海道教育美術展での子どもの思いを大切にする厳しい絵の見方熱く議論しながら審査していく様子を報告させていただいた。
 小学校各学年。中学校は全体でグループになり、入選以上を選び、その中から特別賞と特選候補を選ぶ。昼からは手が離せない人以外の全員が集まり、特別賞を選んでいく。その中でこれはどうだと意見を出し合いながら審査をしていく。この形式の審査にそれほどなじんでいない部分もあるので札幌ほどではないが、今回の審査を通して忌憚のない意見を出し合って行ける素地が生まれてきたようである。
 今回の審査で問題となった点として、中学校では写真をトレースしての作品制作は問題ではないか。本物を見て描くべきであるのだが、時間の制約もあり、写真を参考資料として使う部分は授業としてある。しかし、そのままトレースしての場合はやりすぎでないかという話があった。
e0040515_7113957.jpg

 次に、全体でも小学校の例で、友だちの人物を写真を利用して描く時に教師が構図を決めて写真を撮って絵にする方向はまずいのではないかという意見もあった。写真を撮る主体が子どもなのか指導者なのかと言う問題。酒井式も当然出てくるが、写真を利用して写実的に表現する絵画や、版画が多く、版画独自の彫りの表現、形の単純化、絵画としてもそんなに写真そっくりに描いて絵はがきのようにしなくてもいいのではと思わせる作品が見られた。
 また、生活科との絡みで消防車などを全員一方から描くような授業についての疑問も出された。酒井式についてもやはり特選以上で小学校からは候補として上がってきており、どこまで小学校で広がっているのかと懸念される。
 私自身、6年前に旭川に来て以来審査に当たったのは1年目だけで後は裏方に回ってしまい5年ぶりの審査でワクワクしながら審査させていただいた。これからも改善しなければならない部分はたくさんあるが、今回の審査に当たった人はで絵を見る意識も少し変わってきたのではないだろうか。地道な取り組みであるが、着実に進めていきたいものである。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-23 07:12 | 美術教育 | Trackback | Comments(0)

冬休みの工作 その2

 子どもが工作をもう一つ作りたいと言う。
 何を作りたいかというと、ガシャポン(昔はガチャガチャといったものだが)でとったアニメのキャラクターの変身キューブを自分なりに作りたいと言う。
 変身キューブとはこれである。
e0040515_6283745.jpg

 8個の立方体をくっつけていろいろ動かしていくと様々な絵が見えると言う代物である。
 じゃあ作ろうかと言うことになって、何か手軽な立方体はないかと考えていると、そういえば昔さいころキャラメルがあったなと思い出した。果たして今でも売っているものかと探してみると、あったあった明治のさいころキャラメル。
 家に帰ってキャラメルを食べながら、つぶれないように新聞紙を丸くちぎって丸めて詰めていく。子ども達には貼る絵を描かせておき、本物の変身キューブを見ながら同じように貼っていく。出来上がったのが、この作品。構造を理解して貼る作業は1年生には無理だけれど、それ以外は手伝ってもらった。
 娘は冬休みの思い出の絵がたくさんありほのぼのする。
e0040515_6321731.jpg
e0040515_6322829.jpg
息子は宝の地図や船や宇宙などやっぱり男の子の絵になっている。
e0040515_6323826.jpg
 それにしてもよくこんな仕掛けを考えたものである。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-19 06:33 | 表現 | Trackback | Comments(2)

冬休みの工作 その1

e0040515_6173298.jpg

 小学校は絵も工作も冬休みの宿題だそうだ。
 夏はおじいちゃんと余った端材でクワガタを作っていたが、今回は何を作ろうかと言う話になって、ずっと茶の間に置いてあったスライム時計を作ることになった。
 これは新十津川で行われた空美の子どもの作品を語る会の題材屋台で作らせてもらったものである。そのレシピを見ながらやれ食紅やら硼砂(ほうしゃ)やら洗濯糊(PVA)を買ってきて作る。分量通りにスライムを作り、食紅で子ども達のお好みでで色をつけ、妻が手芸用に用意しておいたビーズをお好みで入れる。内径25mmの透明ホース4cmをジョイントにしてペットボトル(280ml用)を逆さまにくっつけてビニールテープで巻いて完成。
 スライムの堅さによって、様々な時間のスライム時計が出来上がる。落ちそうで落ちないスライムビーズやスパンコールも一緒に落ちてきておもしろい。何度見ても飽きない。子どもの友達や親が来たときにいつも触ってみていたそうなので、誰が見ても楽しいものなのだろう。
ちなみに妻も作ったので、家族全員分のスライム時計が出来上がった。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-19 06:17 | 表現 | Trackback | Comments(0)

教育美術展の審査を終えて

e0040515_6533013.jpg しばらく間をおきましたが、2日目の審査についての報告です。
 12月の雨で路面はつるつる。審査会場の前でとうとう転んでしまいました。
 2日目は入選候補作品の全体審査。昨年の奨励賞の作品と同じスタイルの作品が見受けられたりして、安易に奨励賞の影響の大きさが実感される。指導の背景や子どもの実態を知らずとも同じような作品造りが安易に広がっていく恐れがある。
 
 この日は午前中に全体審査、午後からは作品を台紙にはる装丁作業などである。 
 審査を終えて感じたことをまとめてみた。
 幼稚園児でも、小学校低学年でも指導者の教え込みでかなりのレベルまで描かせることができる。しかし、それが本当に子ども自身が描きたくて描いたものなのか、描かせられたのか。「描き込みよりも表現したい気持ちを大切にしたい」、「楽しく描いている気持ちが伝わってくるかどうか」、「発達段階上、無理のない表現か(どの画材か)」が問題になってくる。
 幼稚園でも、普段から絵の具に触れさせる環境であり使い慣れていれば、「幼稚園児だから絵の具は早い」、「発達段階に合わない」とも一概には言えなくなる。しかし、奨励したり入選させてしまえば、幼稚園児でも絵の具で描かせようという風潮を後押ししてしまう。そこまで考えて、あまりにも上手にかけている場合奨励賞や入選を取り下げることもある。この1本の線は本当の子どもの線なのか、大人の指導が入っているのかで全員の審査が揺らぐ。「これはどうだろう」と思った絵を持ちあげてみると、画用紙の裏に、楽しげに描かれた子ども本来ののびのびとしたクレヨンの絵があったりで、指導者によって画用紙の反対側に描き直された様子が窺える。こんな指導でいいのだろうかと考えさせられる。「ラベルを貼り替えて最初に描いた絵を飾った方が」という意見まで出てくる。
 小学校低学年のトラクターの絵や消防車の絵。『○○さん家のトラクター』と一見ほのぼのといい構図に収まった作品。背景の砂利が点描で緻密に描かれている。指導者の何気ない一言で本来描きたかったトラクター以外の部分を描かせられてしまっている。大人の見栄えの良さにこだわる一言が無ければ、子ども本来の描きたいものを描きたいように描く自分本来の絵ができたはずである。それにしても画用紙という統一規格にいかにうまくおさめるかという構図がいいか悪いかという視点も必要なのだろうか。キミコ方式ではやっているが、作品にあわせて画用紙を切ったり増やしたりしてもいいのではないかと思う。酒井式を画一的な指導を批判するのはもっともだが、画用紙にあわせた作品制作も一考の価値があると思う。
 その酒井式での指導も結構あり、それについてはできるだけ、酒井式の影響の薄いものを選んだりしている。できるだけその子なりの工夫があるものや、酒井式の形式だけれどもささやかな抵抗を試みている子ども達もいるということが学級全体の作品を見ていくとわかる。しかし、これだけ影響のある作品展である。酒井式を広めないためにも厳しい姿勢を見せてもいいのではないかと思う。この点については意見が分かれたときに毎回行われる採決でも揺れていた。

 22日には旭川の児童生徒作品展の審査がある。この報告を関係者に送付したが、今回の審査に向けてどれだけ改善されていくことになるだろうか。少しでもいい方向になればと思っている。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-18 06:52 | 美術教育 | Trackback | Comments(0)

さよならプラド

e0040515_54973.jpg 11年間愛用したトヨタランドクルーザープラドとお別れしました。
 中古で購入し、先日21万キロを走破したところでした。
 昨年の夏に津別峠でオーバーヒートして、エンジンのヘッド交換。スピードメーターの裏からキュルキュルと異音を発し、ケーブルもヤバイと思っていたら、正月明けの出勤で通勤中にとうとうケーブルも切断。走行中にスピードメーターが0キロメートルの表示状態。その分走行中は静かになったが、それが最後の予兆だったのかも知れない。修理工場で部品を発注して明日には届くという夜。アクセルをふかすと異様にに車体がふるえる。
 翌日見てもらうと、エンジン下部の圧縮かピストンがいかれてエンジンがもうだめらしいとのこと。長年連れ添っていただけにショックが大きい。乗りつぶすと決めていたもののもう少し持つだろうと思っていた矢先の出来事だったので別れがつらい。
 昨年暮れに2度の中標津往復が最後のドライブとなった。
 写真は修理工場で廃車手続きをしてきたときのもの。
 今は妻の軽で通勤中。今度は交差点で軽く追突されて現在修理中。車運についていない。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-18 05:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

パレットのなかま展

e0040515_450308.jpg

 1月12日より21日(日)まで昨年に引き続き、第2回の旭川市教育研究会図工美術部会員作品展が開催されています。今回からは『パレットのなかま展』と改称しなじみやすくしています。
 会場は昨年に引き続き、Gallery多夢座(旭川トヨタタムザ神居2F)です。残すところあと、3日間ですので、旭川近郊の方のご来場をお待ちしております。
 今回は、全く余裕がなく、夏の作品展用に制作した水彩画を展示しています。メンバーも今回新たに参加された方もおりますし、是非御覧ください。
e0040515_4504370.jpg

[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-18 04:51 | ギャラリー | Trackback | Comments(0)

母校で講義

e0040515_20593190.jpg

することになり、行ってきました教育大学。大学と旭川市教育研究会図工美術部の連携が強化されて、昨年度に引き続いて実施されています。ちょうど12時過ぎに着いた頃には学生さん達が一斉に学食に向かって移動している最中。あまりにも込みすぎて懐かしの学食では食べれず、駐車場横にできていたラーメン屋で昼食。
 13時から『中学校美術科教育研究2』という授業において、大学2年生の学生を相手に、中学校美術科で行われた授業実践の紹介と言うことで話をしてきました。
 いつも授業時数が少ないと嘆いていましたが、90分の連続、学生さんを相手にということで勝手がちょっと違いましたが、以前作成しておいた中学校における3年間の流れをまとめた資料を印刷し、題材ごとの生徒用資料やコメントなどをコピーして用意。プロジェクターによる画像を提示しながら、風呂敷包みに大量の生徒作品を携えて何とか90分の時間を有効に話しきりました。途中、アンドリュー・ワイエスの『クリスティーナの世界』を使った対話型の模擬鑑賞授業を学生さん達相手に実施してみたり、自分で積み上げてきた経験を交えてとりとめもなく話してきました。

 授業を受けてくれた学生のみなさん。昼食後の授業であり、ちょっと厳しい人もいたようですが、がんばって発言してくれたり、拙い話を聞いてくれたりありがとうございました。
 採用状況が厳しい時代ですが、教員になるという気持ちがあるかぎり応援したいと思っています。その気持ちさえあれば今年の教育実習も乗り越えられると思いますのでがんばってください。
 授業の中でも言いましたが、もし授業の感想などがあれば、コメントしていただけたらと思います。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-17 20:59 | 美術教育 | Trackback | Comments(2)

今年もよろしくお願いします

e0040515_1010799.jpg

 怒濤の2学期を終え、ゆっくり年越しを済ませ、箱根駅伝で正月を味わい、ブログも再開します。みなさんにとって幸多い年となるように祈っております。

 写真は、中標津から帰る途中に立ち寄った、中茶別(ナカチャンベツと読みます)のセイコーマート裏の鶴。元旦から鶴とは縁起がいいかも。釧路川には白鳥もいました。道東はとにかく雪が少なく、同じ北海道とは思えないほどでした。
 とにかく、みなさん今年もよろしくお願いします。
[PR]
by nobuhiroshow | 2007-01-06 10:10 | その他 | Trackback | Comments(2)