心のかたち  〜抽象彫刻〜

山崎先生のブログ『美術と自然と教育と』において「命」をテーマにした授業をしますという記事に関連して

『心のかたち 〜抽象彫刻〜 』とは昨年度はじめて取り組んだ題材である。例年なら、3年生の最後に3年間の集大成として自分だけでなく他の人に自分の思いを伝えるポスターを制作して、最後に簡単な卒業作品を仕上げるというカリキュラムであったのだが、時数の削減などもあり、そこまで進まない状況になってきているのが実情である。くわえて昨年度の3年生は学年事情もあり、最後に時数が足りなくなるおそれのあるポスターだと意欲がわかない生徒も多く、受験前という不安で心が揺れ動き時期に美術の時間がさらに苦痛になってしまう恐れがある。

そこで取り組んだのが石という題材である。空知の岩田さんに全道教研でプロモーションビデオを見せていただいて、この題材はいつかやってみたいと思って暖めていたものである。
石を彫る。篆刻用の高麗石。カッターや木材用の彫刻刀で削れる石。生徒にとっても自分にとっても初めて扱う題材。篆刻という平面的な仕事ではなく、彫刻として立体的に表現する。手を作るとか、カブトムシを作るとかの具象ではなく、心の中に浮かぶいろんなイメージを抽象という純化したかたちで表現してみよう。というものだ。そういった感じで抽象を扱ったことは私自身の初めてなのでなげかけ方も自信がなかったけれども、映像の作品を見せると、同じ中学生がこんな作品を作っているんだということに驚き、抽象ということに、生徒は最初とまどったけれど自分はこんなことをしてみたいと構想を練るヒントになってくれた。

初めての題材なのでいろんな道具を試して使ってみた。電動糸のこ、ボール盤、手動糸のこ、棒ヤスリ、石彫用彫刻刀、木材用彫刻刀、篆刻用の万力、紙ヤスリ、スポンジヤスリ(純銀粘土を削ったりするもの400番から1000番ぐらいまで各種)、時には糸のこの刃を直接手でもって削ったり、ワイヤーブラシ、非常用の瞬間接着剤、究極のつるつるにはピカールまでも使った。

やってみると、題材のもつ力もあり、生徒達は夢中になって削り、磨いていった。とにかく完全な丸を目指す者、つるつるの手触りを目指す者、ワイヤーブラシのキザキザとつるつるの複合を考える者、渦巻きに挑戦したり、究極の薄さや細さに挑戦というのもあった。それでも石を投げ飛ばしたり、灰皿を作る生徒もいたけれど、ポスターに取り組むよりも作品作りにひたむきに取り組んでくれたと思う。受験期のこの時期に取り組んでみてよかったなと思える題材である。そこには表現する喜びあるいは癒しみたいなものがそのときの美術室に充満というか漂っていたのかもしれない。
e0040515_6451840.jpg
突き詰めると、どんな作品を作っても、どれほど誰かのまねをしようとも、最後には自分という要素(自分らしさ、あるいは味というのかな)が現れてしまう。作品作りは結局自分を表出させることだと思う。ここで生まれてくる作品は、生徒の心のかたちである。石は欠けたり傷ついたりしやすい。生徒の心もそうである。授業の最初と最後に大切に一人一人の作品を箱から出して並べ、また集める。そういった大切なものとして生徒の作品を扱い。作品作りで石を削り、磨きながら生徒も心がこもってくる。「ただの石が、自分という存在が手を加えることで、他の誰にもできない自分にしかできなく作品になる。」

2月の最後の授業で作品が完成し、受験前に1週間作品を展示した。みんなの心のかたちである。心配された作品の破損もなく、休み時間作品を見ながら語らう生徒達を見て、途中本当に苦労した学年だっただけに最後に報われた感じである。

うまく伝えられないが、美術のもつ力の大きさをこのとき感じたものである。
[PR]
by nobuhiroshow | 2005-08-29 06:39 | 表現 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://nobush.exblog.jp/tb/693284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チャーリー at 2005-08-29 19:23 x
 このような題材で気になるのは評価です。生徒の心のかたちをどう評価するのか。かつて酒井臣吾氏が,酒井式で描かれた絵は人格そのものだから成績は4か5になる,という内容の発言をしていたことを思い出してしまった。
 評価をすることが教科の目的ではないと思っています。でもどのように評価するのか知りたいです。
Commented by 山崎正明 at 2005-08-29 22:48 x
TBありがとうございます。そうかあ、あのビデオ岩田さんのものだったのかあ。インパクトありましたよね。この記事読んで、また楽しみになってきたなあ。完成したときに見せ方の工夫を考えています。
 ところで、評価は本来とても人間的であたたかなものだと思うのです。評定とは区別しなくてはね。
 受験前の1週間、どんなに頑張っても評定はあがらないことを生徒たちは知っています。そんなことに関係なく子どもが一生懸命やっている。
私も卒業前に言うんです。「卒業制作完成しても、どんなに一生懸命やっても成績はあがらないよ。」でも、熱心に取り組む姿、いいです。
Commented by nobuhiroshow at 2005-08-30 03:03
チャーリーさん、山崎先生コメントありがとうございました。返事が長くなりましたので、記事にまとめましたのでそちらを御覧下さい。
Commented by チャーリー at 2005-08-31 20:00 x
 本文には「作品作りは結局自分を表出させることだと思う。ここで生まれてくる作品は、生徒の心のかたちである。」とあります。以前討論したモチベーションとの関連で,評価が「人格」を傷つけないかなあと思ったのですが,杞憂だったようですね。
 でも,「人格そのものだから4か5」は私の心にずっと引っかかっています。今から6・7年前,酒井式に疑問を持っていた私が「実際はどうなのよ?」ということで酒井氏の講習会に参加したとき,酒井氏が確かにそういう内容の発言をしたんです。酒井式でかけば自動的に4か5になっちゃうの? 4と5の違いは?? 酒井式の絵は均質だけど悪く言えば画一的??? 
 言葉の一部分を取り上げて勝手に想像を膨らますことはよくありませんね。この辺で止めときます。
Commented by シキカツ at 2005-08-31 21:58 x
わくわく授業
■放送:平成17年9月18日(日) ほか
ゆっくりしっかり描いていこう 
~酒井臣吾先生の図工~

 酒井式ってこの方の?これから放送があるらしいね。よく知らないんだけどキミ子式みたいなの?
 評価というのは確かに場合によっては人格を傷つけかねないから、自分は「学校の美術ってのは、演習としてやります。標準的な評価をするから、才能をはかる類のものじゃないよ。美術家の目で見れば違った評価を下す場合もある。学校で評価されたいなら、丁寧さと手数が必要だよ」とはっきり言ってしまいます。
 僕自身、高文連には落選するわ、作品は認められないわで北海道をとびだしたわけです、ご存じのとおり。そしてリベンジマッチです。僕は先生と言うより先輩でいたいと思います。自分の方法論の正当性は自分の体で証明する他ないと思っています。だから、自分の学生が第一線で活躍してくれるのは、いわば自分の代わりに自分の方法論を体現してくれているわけですから非常にうれしい。ちょっと変わった教育観。
Commented by nobuhiroshow at 2005-08-31 22:54
庄子です。酒井式について本格的に調べたわけではありませんが、たまたまあった1991年「教室ツーウェイ6月号」に、特集「絵のコンクール入選続出・酒井式描画指導法」という内容で取り上げられています。要するにどんな子どもが描いてもその子の個性が生かせずに全員ある程度のレベルの作品が作れるという教師の教え込みによる画一的な指導法とおさえています。酒井式で絵を描かせて学級全員の作品を貼ると親でさえ自分の子どもの作品がわからなくなるという代物です。
この件については山崎先生のブログに詳しく出ています。検索して読んでみてください。
「標準的な評価をするから、才能をはかる類のものじゃないよ。」ということについては同感です。むしろ標準的な評価をする難しさを日々感じています。偏ってみてはいないだろうかと。
Commented by チャーリー at 2005-08-31 23:25 x
 シキカツさん,放送の情報ありがとう。視聴後のシキカツさんの感想を是非聞かせてください。酒井式はメリットもあるけどデメリットの方がはるかに大きいと思ってます。でもひょっとしたら改善してるかもしれないので私も放送で確認したいと思います。
 庄子さん,評価は難しいよね。評価基準に照らして評価するってわかっているのに難しい。なぜなんだろう。
Commented by シキカツ at 2005-09-01 00:21 x
 みました酒井式。なーるほど。確かに上手い、文部省推薦って感じですな。そこまでやるんだったらピカソの父親みたいに子どものうちからデッサン叩き込んだ方がいいんじゃないか?教育美術のこういう方向性は嫌いです。
 とはいうものの、これだけのノウハウを築き上げた事には拍手。法則化の一派か。新任の図工が苦手な教員とか子どもの図工のひどい成績をなんとかしたいと思う親には救世主だろうな。「あの先生にならえば上手くなるらしいよ」と。そんな商売敵が近くにいたらいやだな、きっと本質はこうなんですとかいっても、目先しか見えなくなった親には通じないだろうしな。
 しかし、美術ってには「ものの見方」のことだよ。それによって技術を選んでいくわけだから、こりゃ本末転倒。ま、美大受験予備校も一緒か。まあ、自分の子どもにはやらせたくないものだ。
Commented by 高麗石 at 2005-11-29 02:09 x
高麗石の作品、感動いたしました。
Commented by nobuhiroshow at 2005-11-29 06:14
高麗石さんありがとうございます。今年も高麗石の石彫をまた始めました。


<< 心のかたち  〜抽象彫刻〜 コ... 何で美術を学ぶのか >>