透明水彩の思い出

e0040515_795195.jpg

 hakusukeさんの質問に答えるには自分のパレットを見てもらった方が早いので、この写真を見てください。
 絵の具は、ホルベインの透明水彩。パレットはホルベインのホーロー引き?かな。最初はパレット1枚で描いていましたが、色数が増えて今では2枚になっています。
 大学時代、油絵を専攻していましたが、美術教師になったら絶対教えることになる水彩画について学ぶ機会がなく、採用されて美術教師になったあともずっと不安でした。自分が小中学校で教わったことしかわかっていないからです。参考になるようにずいぶん本も買いました。一番決定的だったのが、中標津の前任校にいたとき、川崎市から着た芸大出の日本画の先生が水彩画教室を期間限定で開くという。これはチャンスと申し込んで一から水彩画を学びました。
 パレットに絵の具を出して固める使い方も初めて。色の下に油性ペンで色の名前を書いて分かるようにしたり、筆は面相筆、彩色筆、削用筆など日本画の筆で描いたりと、それまでデザインセットに入っているのでデザイン用だと思っていたので認識を新たにしました。
 仕事が忙しかったり、子どもが誕生したりという時期だったので、毎週通うことができない生徒でしたが、その教室が水彩画サークルとなって続きみっちりと水彩画を学ぶ事ができました。
 ちょっと思い返していましたが、hakusukeさん答えになっているでしょうか。ちなみにパレットの広い面に残っている絵の具も毎回このままで使っています。そうすると前回混色した色をそのまま使ったり、もう一度色作りするときの参考になるからです。

 「固めているのですが,溶けている気がするのです。」というのがよくわかりません。パレットで固めたあとパレットの中でいつの間にか溶けて絵の具が減っているということでしょうか? もしそんな状況であれば、初めて聞きましたので自分でも分かりません。
[PR]
by nobuhiroshow | 2006-08-08 07:12 | 用具や素材 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nobush.exblog.jp/tb/3952919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hakusuke at 2006-08-08 17:12
透明水彩絵の具に関して,勝手なる推測です。恐らく,絵の具ではなく,絵の具をチューブから出して乾燥させますよね?その際,時間が立ちすぎてアラビアガムが溶けているのだと思うのです。近々画材やにでも足運んで聞いてみたいと考えています。
人のパレット見られて嬉しいです。ありがとうございます。確かに透明水彩絵の具は,広い面で自分色?をつくることができるのも魅力ですね。最近は随分と発色のよい色も増え,私もパレットが増えてしまいました。絵の具の筆も日本画用以外にもNamura製品も結構使い勝手がよいです。
 私自身大学受験で,辛うじて必要で透明水彩絵の具購入。でも未だにご愛用。受験では結局油絵→学生時代は壁画→織物など色々かじっています。私の絵画における専門はいったい??
今後,中学校で透明水彩を教える機会があるのかは疑問です。時間的な面,教材費的な面など・・・・。指導したいけれど,1回ぽっきりの授業になりそうで,全生徒に透明水彩絵の具を扱わせるかは,地域の実態を考えると課題になりそうです。
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-08 18:13
今の学校がたまたま希望者に透明水彩絵の具を購入させていたのもあり、風景画の写生で活用しています。
3年生のポスターの表現で部分的に利用する生徒はいますが、3年間に1回のこの1年生の風景画の授業での透明水彩絵の具の使用は少ないのも確かです。購入しなかった生徒には、小学校の時使っていた絵の具でもいいし、学校で忘れた生徒用に20枚のパレットを用意して(絵の具も固めて)貸し出しています。そう考えると、購入しなくても40人分のパレットを用意して、絵の具を固めておいて使えるようにしておくという方法もあると思います。私としては、そうまでしても透明水彩絵の具での表現を中学校で1度経験させたいとこだわっています。
Commented by hakusuke at 2006-08-08 23:28
パレット貸し出しすればいいことに今気付きました。そうか,そうかと参考になりました。今後の中学校勤務で考えてみます。いやぁ,ブログの成せる技!だと感じました。ありがとうございます。
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-09 06:08
お互い様ですね。こうやって、ときには誰かにヒントを与えることができたり、与えてもらったり。私もhakusukeさんの何気ない一言がヒントになったりしています。


<< 気がついたら1年間たっていました 真夏の写生 >>