新しい文字のデザイン

e0040515_6474763.jpg

 中学1年生の1学期の題材です。ガイダンス、鉛筆でのグレースケール、幾何体デッサンに引き続いて取り組みました。まずはプリントによるレタリング練習。時間数の削減もあり、昔は明朝体、ゴシック体の両方を取り組んでいましたが、今ではゴシック体のみの練習。それも、漢字の「永」、ひらがな1文字、アルファベット1文字の合計3文字です。「永」のみ骨組みから肉付けを済ませた段階でチェックを入れてOKなら仕上げて鉛筆による塗りつぶしに入ります。ひらがな、アルファベットはそのまま仕上げてもらいます。
 そこまでで約1時間。時間のかかる生徒で1時間半程度です。昨年までは一文字のデザインとして15cmの正方形のケント紙に好きなひらがなやカタカナ、アルファベットを工夫してオリジナルの書体でレタリングしてもらいましたが、今年は2〜3文字として複数の文字のデザインにしてもらいました。見やすく美しく、工夫されたデザイン。15cm×25cmくらい?の長方形のケント紙にデザインします。縦も横もあり。黒ペン(マッキーなど)で縁取りして中を色鉛筆で着色して完成です。文字のかたちをメインにするために、1文字について色は2色までとします。これは昨年まで難色も色を使ってかたちに目がいかなかった生徒がいたことについての反省からです。
 まずは、好きな言葉を選んでもらいますが、この言葉がおもしろい。この子はこんな言葉を思い浮かべたのかという意外性もあります。そして1文字でなく複数の文字にしたことで統一性も考えてデザインする部分も増えてきました。定規、コンパス、テンプレートも用意して自由に使わせたので、特にテンプレートを駆使した作品も生まれました。
 時間数にして1.5時間ほど使いましたので、人によっては2〜3作品も仕上げる者もいました。授業の最後には全員の作品を黒板に貼り付けて、みんなで鑑賞します。
e0040515_6495334.jpg

 昔のような意味のレタリング学習ではなく、パソコンなどで使われているフォントをデザインしようというなげかけで取り組んでみました。3年生におけるポスターの制作でもパソコンで文字を打ち出し当てそれを拡大して転写したり、自分なりにアレンジして使用することの方が多くなっています。自分でオリジナルの文字をポスターに使う生徒は少数です。一時期レタリングの学習をしなくていいのではという意見を聞いたりしていましたが、自分の気に入る文字をフォントの中から選ぶ、あるいは作り出すという意味でまだまだレタリングの学習は取り組んでいくべきだと思っています。
[PR]
by nobuhiroshow | 2006-08-01 06:40 | 表現 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://nobush.exblog.jp/tb/3912696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 米男 at 2006-08-03 16:43 x
教師なのによくこんな事やるな。
生徒の顔見えてる写真だってあるんだぞ。
考えたらどうですか。
Commented by ウスターソース at 2006-08-03 22:51 x
>米男
そんなのモザイクすりゃいいことだろ。
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-04 05:43
 米男さん、ご忠告ありがとうございます。
 「子どもを守る」という点では、米男さんも私も思いは同じだと思います。
 私自身、子どもの顔の写真の掲載の仕方には、個人を特定できるような写真を掲載しないように、できるだけ後ろ姿や、顔が分かりそうな場合は写真を小さくして判別できないようにしたり、目の部分を編集したりして配慮してきたつもりですが、それでも配慮に足りない部分があったかもしれません。
 米男さんのコメントを見てから、このブログの全記事の写真を見直しました。何点かの写真を削除し、写真を差し替えました。
 今の時代、子どもが被害者となる事件も増えていますから、今後は今まで以上に配慮して写真の掲載をしていこうと思います。
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-04 05:45
 米男さんへ。内容が長すぎて分けてコメントします。
 「教師なのによくこんな事やるな」とありますが、図工美術の教科の存続が危ぶまれている状況で、図工美術に関心のある先生方に対してお互いにつながりあって頑張っていきましょうという気持ちで、このブログを情報交流や意見交流の場として活用していきたいと考えております。それがひいては子ども達のためになると思っています。

 私自身、最初から覚悟して実名でこのブログを開設しています。逃げも隠れもしません。このコメントに対して納得がいかなければ、再度コメントを返していただくなり、学校長や教育委員会に連絡していただいてもかまいません。
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-04 05:52
 ウスターソースさん、コメントありがとうございます。
 モザイクと言うか目の部分の編集も数枚していましたが、その写真も削除しました。基本的に小さな写真にして目の編集をしていましたが、顔を米粒大ほどに小さくすることで判別できませんし、その画像を保存してから拡大してもギザギザでやっぱり判別できない状態になります。
結局、その人を知っている人が見たらわかってしまう状態ではいけないと思いますので、そのような掲載にしたいと思います。できるだけ子どもの顔を写真に撮らないのが一番だと思いますが。
Commented by ウスターソース at 2006-08-04 11:38 x
>米男へ
御前こそその文章考えたらどうでしょうか?
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-04 17:12
 ウスターソースさんコメントありがとうございます。
 私のブログが原因でウスターソースさんと米男さんの気分を害してしまって申し訳ありません。
 いろいろとご意見がおありでしょうが、インターネット上のこのコメント欄での意見交流では顔が見えませんので、誤解して感情的になってしまう可能性があります。
 申し訳ありませんが、できるだけ冷静にご意見をいただけないでしょうか。
 この場の一番の責任は私にありますので、何とかお願いいたします。
Commented by ウスターソース at 2006-08-06 12:37 x
俺は米男に害した
Commented at 2006-08-08 01:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nobuhiroshow at 2006-08-08 06:42
子ども達がいきいきのびのびと制作している姿を見せることができたらどんなにいいか。しかし、子ども達を守るためには今の世の中では顔を見せないという事が重要なんですね。けれど、逆に考えると授業の中でそんな顔を私たちは見ることができるということが幸せかもしれません。


<< 原爆の絵を見ました この写真なんだかわかりますか? >>