『道産子追憶之巻』を味わう ーその1ー

e0040515_0241748.jpg

 北海道博物館から『道産子追憶之巻』のシートを借用することができると聞いたのは4月だった。
 11月の1〜2週で勤務校の全学年9クラスで授業を行った。今回はその紹介です。
 今年度は、校内研で授業をすることになり、教科書も変わったこともあり、新しいことに挑戦しようとしていた矢先に、『道産子追憶之巻』の情報を知った。岩橋英遠作の30mもある大作である。以前から、旭川美術館に展示してある『彩雲』が好きだった。
 『道産子追憶之巻』を初めて見たのは数年前、やはり旭川美術館であった。凄い作品だとは思ったが、まさか、この作品を授業で鑑賞題材として使うなどとは考えたことがなかった。大型テレビで写して見ても、全体を写すことはできない。しかし、それを鑑賞題材として借用できるという。2分の1の縮尺のシートか32分割した3分の2サイズのラミネートカードがあるという。博物館の担当者と何度も連絡をとり、大きい方がいいと考えて、32分割を選んだ。
 7月の北海道造形教育研究大会札幌大会2日目の題材屋台では、札幌のブースでラミネートカードの本物を見せてもらうこともでき、9月には北海道立近代美術館で展示してある本物をじっくりと見ることもできた。
 その2へ続く
[PR]
by nobuhiroshow | 2016-11-14 00:24 | 美術館との連携 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://nobush.exblog.jp/tb/24911162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-06-13 13:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 30年度の北海道中学校美術は9... 人のスケッチブックは面白いー珠... >>