『西遊記』を読みました

e0040515_202966.jpg

 「み仏を拝しお経を求めにまいる者」である三蔵と斉天大聖孫悟空、猪八戒、沙悟浄のお話。第100回までになる話で、岩波文庫で全10巻。
 子供の頃に見た、夏目雅子が三蔵役をやっていたテレビシリーズが懐かしい。小説においては、ちょっとイメージが違い、三蔵は何度も悟空を信用せずに、妖怪に捕まっては怯える。悟空は痛快な程に暴れては、幼邪を退治していく。猪八戒のおバカっぷりと、沙悟浄の落ち着きぶりが対照的である。
ドラマやアニメの西遊記では、結末がわからなかったが、今回全10巻を読了してみてようやく最後がわかった。2ヶ月かかったが楽しく読めた。中国四大奇書の一つ。東洋文学も面白い。
[PR]
by nobuhiroshow | 2015-04-21 02:01 |


<< 美術室リニューアル 校舎に愛を込めて >>